カードローンとクレジットカードの比較

カードローンvsクレジットカード!機能やお得さで徹底比較!

カードローンとクレジットカード。どちらもお買い物やキャッシングで力を発揮してくれる便利なアイテムですが、状況によってどちらを使うべきかをしっかり理解しておかなかれば、せっかくの機能も使いこなせているとは言えません。カードローンとクレジットカードそれぞれのメリットを比較して、どんなときにどちらを使うか考えてみましょう。

●クレジットカードの返済方法をよく理解しよう
クレジットカードとカードローンの大きな違いのひとつが、返済方法です。カードローンは毎月最低限の入金(返済)をすればよく、返済までの期間については特に決まりがありません。一応、契約期間は設定されていますが、利用状況で自動延長されるので、絶対この日までに完済しなければダメ!というものではなくなっています。
一方、クレジットカードは「何回払い」という言葉が使われるのでお分かりのように、返済回数が決められています。利息も返済回数に応じて変わってくるので、短い回数ほどお得に利用することができます。ショッピング枠の1~2回払いであれば、利息がかからないものも多いので、返済回数が短くて済むお買い物のときはクレジットカードに軍配を上げたいところです。さらに、クレジットカードでのショッピングはカード会社それぞれのポイントもついてくるので、お得さはさらにUPすることになりますね。

●キャッシングは利率が決め手!?
カードローン、クレジットカード両方についている機能といえば、キャッシング(現金引き出し)でしょう。クレジットカードの場合、キャッシングも何回で支払うかを決め打ちできるので、毎月一定額を計画的に支払うことで完済をすることができます。ただ、残念な点としては、金利(利息)がカードローンに比べて高めに設定されているものが多いため、同じ回数で返済する場合には、利息を多く支払う可能性が出てきてしまうことでしょうか。
カードローンの場合、銀行かサラ金などかで金利に差があるため、ひとまとめでこっちがお得!とは言い切れませんが、ATMを利用して、好きなときに好きなだけ(限度範囲内で)貸し借りをすることができるのが最大のメリットです。
キャッシングに関して言えば、利用頻度と返済回数、そして金利を総合的に判断して、クレジットカードかカードローンかを選択する必要があるといえます。

●カードローンは緊急の現金調達、クレジットカードは買い物や日々の支払いなどで使うのがおトク!
結果として、数万円規模、支払い回数2~3回程度ならばクレジットカードでのお買い物がオススメということになります。また、お買い物だけでなく、電気料金や国民年金などの支払もクレジットカードで決済すれば、ポイントも貯まってさらにお得。ただし、キャッシングに関しては継続的、長期的に利用するならば、カードローンで金利の低いものの方が返済総額を抑えることができる、ということを頭に入れておくといいでしょう。