単身赴任中に借入れを申込む際の注意点

単身赴任中の借入れ先は、どんなトコロに気をつけるべきか

全国あるいは広範囲で事業展開している会社にお勤めのサラリーマンにとって、避けて通れない転勤の問題。事情によっては単身赴任をしなければいけないという世帯も多くあります。単身赴任となれば、2つの住まいにかかる生活費が必要となるため、それだけ出費もかさむことになりますし、自炊よりも外食、仕事上の付き合いでお酒の席も増えて…となれば、お金をちょっと借りたいな、という場面もあるでしょう。

ここで気になるのが、単身赴任先で借り入れをしようとするとき、どんな点に気をつけるかということです。いつまでもその地に滞在するわけではないでしょうから、地域限定のローン商品は避けたいものです。中小規模のサラ金、地方銀行や信用金庫、JAや漁協になると、営業エリアに住んでいるかお勤めをしていることを条件にしているものも少なくありません。そうなれば審査で「居住年数」が対象になることも考慮に入れた借り入れ計画を練っていかなければなりません。

そうなると、全国規模の展開をしている大手サラ金や都市銀行などのカードローンに焦点を合わせるか、買い物もキャッシングも可能なクレジットカードを作るのもいいでしょう。自分は転勤の都合で各地へ転居することがあっても、家族が住む本拠があり、そこでの居住年数が長くあれば、その事情を十分に汲んでもらえるところは沢山ありますので、狙うならば全国展開をメインキーワードにしてみてはいかがでしょうか。